工務店スタッフブログ

地獄巡りと大分県立美術館(OPAM)

暗雲立ち込めそうな雰囲気の入り口には鬼はいません

みなさま こんにちは。

ごきげんいかがでしょうか。

木の家工房のじんです。

連休を利用して大分県は別府に

ベタですが、地獄を巡ってきました。

G.Wの地獄はそりゃもう地獄の亡者たちで、

溢れかえってましたよ(笑)

入り口に鬼が待ち構えているのかと思いきや、

優しいお姐さん方に出迎えて頂きました。

地獄の湯気はメガネの天敵!!

最初に見学した地獄。

海地獄。

湯気がものすごい立ち昇っており、

愛用のメガネは・・・。

こんな感じに(*ノωノ)

視界悪すぎて何も見えず(笑)

遠く湯気がかからないところから眺めました。

血の池じ~ご~く

他にも地獄を巡ります。

こちらは血の池地獄。

海地獄の近くに在ります。

そして地獄と言えば~・・・

地獄蒸焼プリン!!

温泉卵も食べたのですが、

写真を撮る前に完食してしまったので、

プリンを(笑)

製造者のところが海地獄なのが個人的にツボです。

あまくてこくのある美味しいプリンでした。

地獄に行った際は是非プリンを!!

大分県別府市のご当地料理『別府冷麺』

その日のお昼ご飯は、

別府駅の駅前通り沿いで『別府冷麺』を頂きました。

お店は、別府駅の通り沿いにある「大陸」さん。

なんと午前11時から深夜2時半まで営業されているとのこと。

飲み屋街の近くでもあり、交通の便も良く立ち寄りやすいところです。

『冷麺』

初めて『別府冷麺』を食べたのですが、

衝撃!!でした。

ふらっと立ち寄ったお店でこんなうまいものが食べれるとは!!

そば粉を使っているそうで一見これはなんなんだと思いますが、

麺はモチモチ、しっかりとした歯ごたえ。

程よくコシがあり、クセになりそうな触感。

スープは醤油ベースで酸味があり、

とてもさっぱりしています。

キムチが麺の上に載っているのですが、

辛い物が苦手な方は、注文するときに注意です。

 

 

大分県立美術館(OPAM)

その後、大分県立美術館に行ってきました。

こちらは建築家の『坂 茂』さんが設計された美術館で、

「五感で楽しむことができる」美術館です。

館内に入ると卵型のオブジェが展示されており、

手で触って作品を感じることが出来ます。

開放された空間は、

散歩中の人も寄りやすく二階にあるカフェでゆっくりすることも可能。

展覧会に興味がない方でも、日常的に人が集まれるようなところでした。

大分に行かれる方は、温泉だけでなくぜひ立ち寄って頂きたいところです。

 

大分県立美術館(OPAM)HP ↓↓

http://www.opam.jp/page/construction.html