住宅現場レポート

埋蔵文化財での遺跡調査をスケッチブックに 小倉南区東貫の木の家現場レポート

2018/04/14(土)

木の家建築家のスケッチブック 小倉南区東貫の新築現場

4/14 皆さん おはようございます。

木で幸せの家を造る鶴田です(^^♪

北九州市小倉南区の新築現場で遺跡調査でした。

その様子をスケッチにしましたよ

紙と鉛筆がありましたら、いつでも描けますよ

埋蔵文化財調査

掘り方を開始しましたら、

いきなり 出ました。

学芸員さんの声「わー、埴輪です」

 

小倉南区の潤崎遺跡

どんどんと掘っていくと、

次から次へと出るのですよ

こんな経験は 初めてなので

ビックリです

古墳時代の埴輪

模様が入っていましたよ

私も初めての事で啞然となりました。

古代遺跡を守るためにどうすればいいのか?

杭工事を行う場合には、遺跡を手作業で発掘するので

1年ぐらい工事の延期となります。

私達は、未来に遺跡を残し、守らなければいけないのです。

杭打ちをしますと、遺跡が壊れてしまうからです。

現状の地盤を掘削しないように、

ベタ基礎で直接基礎にします。

建替えで解体工事 小倉南区の木の家注文住宅

リフォーム工事にするか、新築で建て替えるのかを検討し

平屋の家の建替えとなりました。