住宅現場レポート

北九州市門司区F様邸 工務店家造りの現場から *1*

上棟式 祝詞奏上

こんにちは由美です。門司区F様邸の上棟式の祭壇にお供え物も準備し、鶴田社長の祝詞奏上です。

一本一本の木と向き合って、その良さを引き出す大工職人の手仕事、木の性質を生かし、自然で心地いい家を造ります。無垢の木には五感にはたらきかける「心地良さ」を感じていただきながら上棟式の四方祓いなどのお清めをしていただきました。

 

無垢の木を生かす家づくり

棟梁による大黒柱の打ち固め。桧の大黒柱がキズ付かないように紙や木で巻かれていますが存在感は十分。木槌でゴーン!!ゴーン!!と打つのでF様びっくりされたのではないでしょうか?

これからも気を引き締めてお引渡しまでしかっり工事させていただきますので

よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

上棟式には欠かせない木札 家造りは心

5/15 こんばんは由美です。今日は暑かったですね。日に日に暑くなっていくと思うと辛いです。腕まくりをするのがいいのか、半袖を着たほうがいいのか迷いながら服選びをしている今日この頃です。

さて今週末に行う門司区F様邸の上棟式の準備も着々と揃えております。

令和の時代になって初木札を書かせていただきました。

令という字がちょっと緊張する感じ、和は昭和で書いていたので何となく書きやすい感じ。う~ん!!

門司区のF様 令和 初の上棟式楽しみになさってくださいね。

よろしくお願いいたします。

 

 

 

工務店が造る木造の注文住宅 上棟

上棟日はたくさんの大工さんが現場に入り、一気に家の骨組みが建ちあがります。

柱や梁がどんどん組み上がっていきます。ここから完成まで、確実に安全に施工してまいりますので引き続きよろしくお願いいたします。

 

大工、レッカー作業員とのチームワーク力

大工さんの身振りをみて材料を吊り上げ、的確に材料を設置します。みんな、今必要な作業を考えて行動されているようです。バラバラに動いては作業できないので凄い団結力で作業進みます。

 

祝上棟 思い出の一日 木で幸せの家

5/8 こんにちは由美です。ついにこの日がやってきましたー!!今日は門司区F様邸の上棟いい天気になりました。よかったー!!青空の中、上棟作業進んでおります。門司区のF様 一つ一つ決めていった間取りや住設、そしてパソコン画面の図面から基礎になり、基礎だけではわかりにくかった我が家のイメージが、上棟を期に一気に現実になっていきます。

5/8がF様のお家 HAPPY BIRTHDAY になります。おめでとうございます。