注文住宅レポート

ステンドグラスと押入れベッドがある木の家 小倉南区

2017/05/13(土)
プロローグ

造作のカップボードにはコーヒーカップ柄のステンドグラスをはめ込んだこだわり仕様

家中走り回っても大丈夫「ストレスが無い」広くて明るい家

構造
スギ
階数
2階
間取り
4LDK

無垢材をふんだんに使用したK邸の広々としたリビング。「リビングを広くしたいというのがこだわりだったので、予備室の和室も2階に配置してもらいました」とKさん。ダイニング横のカウンターは、子どもたちの宿題スペースとしても活躍しそう

きもちいい床 無垢板の床

元気いっぱいの3兄弟。無垢の床は蒸し暑い
夏でもサラサラで素足が気持ちいい

キッチンは広いカウンターやパントリーで機能的。水回りへの直線の家事動線も確保

押入れベッド

下は収納、上はベッドの「押入れベッド」は空間を有効利用できると人気の提案

リビングはウッドデッキで庭へとつながり、広い庭で子どもたちは元気いっぱい


ストーリー

「私たち2人とも木の家で育ったので、家を建てるなら木の家を建てたいと思っていました」というKさん夫妻。雑誌を見て同社のショールームを訪ね、社長の人柄の良さに触れ、新築を依頼したのだという。長男の小学校入学に合わせ、完成した住まいは、木が香る広々としたリビングが開放的。「以前のアパート住まいに比べると、3人が走りまわっても、お隣や下の家を気にしなくていいので、ストレスを感じない点もなりよりです」とKさん。
 木の家工房グリーンウッドの〈木で幸せの家〉は、社長自らが建材などに含まれた物質によるアレルギーに悩まされた経験から生まれた家。厳選した国産の木材(杉や桧)と、空気を浄化する漆喰の塗り壁や羊毛断熱を使用した安全で健康な家づくりが信頼を集めている。身体に安心な家づくりはもちろん、無垢材と自然素材の家に興味がある方は、まずは、モデルルームを訪ねてほしい。毎週日曜日には「モデルルーム見学会」を開催中。