住宅現場レポート

現場大工ブログ
No.4    福岡県北九州市の和風注文住宅

黄昏時の空

こんにちわ!

お待たせしました!

徐々に施主様達の間でアイドル化しています‼︎

ヒロシです。(^^)

 

風の強い日や、天候が荒れている日の翌日などに

屋根に登って異常がないか確認しています。

ふと、山の方に目を向けると

美しいグラデーションの空が!

仕事終わりのタイミングだったので、1日の仕事への労いの様に感じて

とても幸せな気持ちになれました^ ^

また、夕空の空が綺麗にならんだ瓦に照らされて とても美しいですねぇ〜!

 

こちらは 外壁工事です。

現在のお家ではあまり見なくなりましたね!

これは、さんとうばん と呼ばれる外壁です。

取り付け工事がどんどん進んでおります。

これはとても重い材料になるので

気合いを入れてはりあげていかなくてはなりません!

Green Woodのお家を建てて頂く職人さんは丁寧な方ばかりなので、

現場大工としても安心して仕上げてもらえます。

 

最終的には 板と板との継目を別の業者さんによって綺麗に埋めてもらい、

塗装して仕上げていきます。

 

このあと、どんなふうに家の雰囲気が変わって行くか気になりますね!

楽しみの一つでもありますね〜!

 

 

搬入してきた、羊毛断熱材

みてるだけで暖かいですね!笑

この断熱材

写真の状態では圧縮していますので、袋を破ると 断熱材の中にたくさんの空気を取り入れとても大きく膨らみます!

空気をたくさん含むと言うことは、外気の冷たさ、暑さを遮断してくれると言うことですね。

家全体をこの羊毛断熱材で覆うので

イメージとしては、ウールのセーターをまとったお家 と言った感じでしょうか。

一度、寒い時期に この羊毛に包まって 寝てみたことがありますが

とても暖かくて 起きたくありませんでした。笑

子供部屋の魅せる梁

子供部屋の中に 天井から梁をだすようにしています。

リビングだけではなく、子供部屋にも梁をだすなんてとても贅沢ですね!笑

この梁、魅せるだけはなく

 

構造体としてもありますので

ブランコを取り付けたり出来ますので、重いものを吊り下げる事が可能です。

最近の住宅では、家の柱や 梁と言った構造体が見えるお家は少ないのではないでしょうか??

大きな家の屋根を支えているものが 、この一つ一つなのだと感じれるお家にきっと

「いつも支えてくれてありがとう」と思って頂き、もっともっとお家に愛着が湧いてきて

大好きな家になっていくのではないでしょうか?

そう思って頂けると嬉しいですね(^^)