工務店スタッフブログ

現場大工ブログNo.22

海の見える街



門司区で注文住宅

いよいよスタート

こんにちわ。

平成もあと数日。今上天皇の生前退位も目前です。

メディアでは 平成に起こった出来事特集が組まれていますね。

そんななか、現場では令和時代にかけて上棟準備にかかっております!

土台敷き 、テラスの独立柱の事前準備加工 及び 屋根垂木(瓦を支える木材)を図面より傾斜角度から長さを読み取り寸法カットをしています。

太陽に負けない 熱いハートの徳満

渋い顔をしていますね!

図面より垂木寸法を計算しています。

大工は算数の連続です。

大工は独り言をブツブツ呟きながら仕事をする人が多いです。

私の知ってる大工は全員独り言を言いながら仕事をしています。

ここをこうだから。 とか

〇〇がくるから よけて とか

イメージを口にだしたり、計算したりと。

大工がブツブツ言ってても変な人では無いので安心してくださいっ!

ぷらっと歩くと 手入れされている植物達

令和に変わるという事はもう5月ですね。

花粉症をもつ大工としては 春は耐え難いですが

草木が青々しくなっていく姿が見れるので五月は特別です!

昼休みにぷらっと散策をしてみると お隣さんの風情のある長屋に癒されました。

この草花達みたいに、人を癒せる空間を提供できる大工の腕を磨き続けたいと思いました。