工務店スタッフブログ

現場大工ブログNo.32
玄関扉を開けると木の香り溢れる門司の木の家

久しぶりの土砂降り

未明からの雷と大雨からスタートする大工のヒロシです。

いつもは現場に向かう途中、小倉南区の名峰 貫山と足立山を眺めるのですが 所々雲に隠されていたので残念でした。

Green Woodモデルハウスの真裏にある公園もどんどん緑が深くなってきて気持ちいいですよ〜!

 

すべて一枚の木から作り上げた窓枠

現場の方では 先日 大工の手作業による加工処理で一枚の板から作りだした窓枠の材料を窓一つ一つに合わせて組み上げていきます。

写真はまだすべて組む前なので、今回はサッシの数も多く窓枠も組み上げると一部屋が埋まりそうです。

 

ちょっと並べてみました!

整列していて綺麗ですね〜!

この中で同じ木目の木は一つとしてない 世界にひとつだけの窓枠になります。

オンリーワンです。

このように取り付けます。

ここまで準備をしないと 壁が天井まで施工できないのです。

1階より2階の方が進行が早かったので、1階の壁作業に移る前に私が段取りを済ませておくという流れでした。

このほかに、玄関、シューズクロークと玄関ホールとの壁を分ける三方枠、和室、掃き出しもこの窓枠から作っております。

外部編

大きな軒のある部分の壁が出来上がってました。

全体が終われば存在感のある家になること間違いないですね!

大工としても楽しみです!!