工務店スタッフブログ

現場大工ブログ
No.38
みやこ町で建てる平屋
木の家

新時代を切り開いた坂本龍馬

こんにちわ! 先日、坂本龍馬の銅像がある 風頭公園に足を運んできました。この日は日差しが暑く 風頭というだけあって 心地いい風が吹いていました。

坂本龍馬が大好きな方は沢山いるいますね! 新時代の切り口をつくり幕末の英雄として称されていますね!彼の行った来た事は、誰もした事がない事ばかり。柔軟性のある発想力や、勇気のいる場面がたくさんあったのでないでしょうか。

彼の功績の一つとして 有名なのが 薩長同盟ですね。 犬猿の仲の2つを1つにまとめて力や士気を高めましたね! そんな犬猿の仲の関係から同盟を組んでもらうとは、彼は相手の立場に立って人の話を聞くことの出来る方だったのではないでしょうか?

相手の思う事を共感して親身になって聞き、相手の願いや状況をよくするためにどうすればいいのか。他者への想いが犬猿の仲を動かしたのだと思います。

家造りは心

Green Woodの鶴田社長も工務店の新時代を切り開いて来た方なんです!

太陽光発電システムを搭載した住宅を建てる事がこれから大きな波となるのを予測し、いち早くソーラーパネルを住宅の屋根に載せ始めましたし

住宅建材の接着剤から出てくる化学系の臭気や成分で毎日寝る家の中なのにアレルギーやシックハウス症候群になるのを辛いと感じ、自然素材で家を建て始めたりと。

鶴田社長も北九州の坂本龍馬なのかもしれませんね〜!

施主様が暮らし始めてからの生活が今よりより良いものになるように家を建てる。

Green Woodの根底にある 社始まりは 「心」です。

心を込めて家を建てること。

その心 は 設計士 の鶴田社長はじめ

現場管理 品質維持の柴田常務 大工棟梁の私や 徳満大工

そして、我が社の1番の笑顔の プイさん 全員が持って仕事に取り組んでいます。

 

現場では電気工事が始まりました。

ところで、現場はどうなんだい という声が聞こえてきそうなので現場報告です!

内部の下地がある程度終わりが見えてきた頃、電気屋さんの登場です。

最近はなにもかもが電気ですよね。

エコキュート IH ソーラー発電 に 電気自動車の充電接続まで。

Green Woodがお世話になっている電気屋さんは 先代が家電方面から始めた 家屋電気配線業なので 普段電気屋さんがしないところまでやってくれる痒いところをかいてくれます。

大工工事は外部の下地造りです。

雨から建物を守り 熱気や空気を循環する役割をもつ 軒天の下地を作っております。

軒天の材料がとても重いので、下地をしっかりと頑丈に作ります。

見えないところだからこそ メンテナンスもしにくく、変化に気付きにくいので 信用のある仕事が求められます。

梅雨入り前に屋根が葺きおわりました。

これから何十年と雨風から家を守ってくれる強い瓦の屋根です。

最近では 和瓦よりも平瓦が主流となっていますね。

さまざまな外観の家にマッチするので、個人的には平瓦が好きですね!

これからやってくる梅雨も安心して現場の作業が進んでいきますね!