工務店スタッフブログ

現場大工ブログNo.39
みやこ町で建てる木で幸せの家

いよいよ梅雨入りの九州北部地方。

これだけ梅雨入りが遅いと、集中豪雨になりそうですね。

昼頃から天気予報通りに雨が降り出し、夕方ごろにはまとまった雨になって 外壁屋さんも早めの撤収となりました、

帰り道、さっそく崖崩れをしている現場を見て 自分の身は自分で守らないとなぁと 今一度 気合いをいれて 帰り道のハンドルを握りました。

そんな雨雲と同時に到着した扉や窓たち

消費税の増税の影響でしょうか、 サッシ屋さんも大忙しの様子です。

雨が降る前に玄関ドアや障子を納品していただいて、現場に雨が振り込む心配もなくなりました!

そして、玄関ドアは引き違いですね。

ドアの方が人気ですが、引き違いの玄関も以前あった先代が建てた和風の家が残っているようで 喜ばれるのではと思います。

引き続き内部の下地です。

部屋の仕上がりに合わせて、下地を組んでいます。

内部の予定としましては、壁の下地が終わったので天井下地に移行します。

軒天と化粧破風とうちゃく!

手配していた材料が建材屋さんから届きました。

建材屋さんの若手の配送担当の方達に 材料の置き場所を玄関先にお願いしたところ、外は雨が降っていて 室内が濡れてしまう事をとても心配していました。

現場で家を直接たてる大工や工務店が持つ、

きちんとした家を建てるには きちんとした事をする

という想いが 配送担当の方達にも広まっていることに嬉しく思いました。

施主の未来を想った家造りは一人では決して出来ません。チームで 全員です事で実現できます。

そのGreen Woodチームの想いが 外部の業者さんに伝わり増えた事で更に磨かれた良い家が作れる事になりました。

これからもGreen Woodで建てる家に関わる業者の方々が 、良い未来を過ごせる家を建てると言う目的を共有出来るように努力していきたいと改めて思いました。