工務店スタッフブログ

電柱をブッこぬき!! 門司区錦町N様邸 新築工事

みなさま こんばんは。

ごきげんいかがでしょうか。

木の家工房のじんです。

今日は花の1985年組で門司区錦町のN様邸の工事に行ってきました。

 

花の1985年組(陣内と徳満)・・・。

この呼び名定着するかしら(笑)

花以外の枕詞を募集します(*ノωノ)

 

ちょっと前の現場の様子

先週までは基礎の工事をしておりました。

お家の一番下になる基礎。

しっかり丈夫にかっちりと仕上げます。

写真は、

基礎の土間コンクリートを打設した後の工程。

基礎の立上りを造るところ。

鉄の型枠を組んで、

その間にコンクリートを流し込みます。

この間に流し込みます。

近くでみるとこんな感じです。

皆さんもどこかで見たことがあるのでは?

ただ、こんなに近くでは見たことはないはず。

鉄の型枠の上には、

型枠が開いたり、外れたりしないように金具で止めています。

その下の間に奥までずっと繋がっているのは鉄筋です。

コンクリートと鉄筋でしっかり、がっちりする訳です。

ところどころボルトのようなモノが出ていますが、

それはアンカーボルトと言って、

基礎とお家をしっかりとつなぐために必要なものです。

ちなみにコンクリートを打設する前は、

こんな感じ!

たーくさんの鉄筋!!

コンクリートがないので、

まるで骨が丸見えの骨格標本のよう(笑)

そう!!

じつは鉄筋はコンクリートの肉をまとう為の骨!!!

※厳密に言うと違うのですが、そこはノリということでご勘弁を・・

この骨の状態で厳しく検査をしています。

厳しい検査を合格し、

次の工程へ。

それを繰り返しお家は出来ていきます。

基礎工事が終了した時。

こちらの写真は基礎工事が終わったときのモノ。

だいーぶスッキリしました(=゚ω゚)ノ

明日から大工工事が始まるので、

この基礎工事が終わった現場に本日は材料の運搬をしてきました。

朝一番!!

たくさんの木材が運び込まれました。

クレーンが付いているトラックで、

材料を積んで現場に搬入します。

このあとの作業の邪魔にならないように、

置く場所と使う順番を考えながら置いていきました。

電柱をブッこぬき!!

材料の荷下ろしが終わり、

現場で作業をしていると九電さんがやってきました。

今回の現場では、

お家の建つ敷地の前に電柱があり、

車の出し入れに邪魔になっていたので移設を行いました。

電線の移設が完了したので、

前の電柱を取りに来たそうです。

写真は電柱をブッこ抜いているところ。

あまり見る機会がないので思わずパシャリ。

クレーンを動かしているオペレーターの方、

めちゃくちゃ操作がうまい!!( ゚Д゚)スゲー!!

感心しました。

徳満さんは作業に夢中で見てなかったそうなので、

明日現場でこの写真を見せようと思います。

 

今日は夏みたいに暑かった。

明日も頑張りますよー!(/・ω・)/