グリーンウッドの家づくり

グリーンウッドの「ZEH」への取り組み

そもそも「ZEH」とは?

ZEHとは、「ZERO Energy House(ゼロ・エネルギー・ハウス)」の略で、住まいの断熱性・省エネ性能を上げること、太陽光発電などでエネルギーを創ることにより、年間の一次消費エネルギー量(空調・給湯・照明・換気)の収支をおおむねプラスマイナス「ゼロ」にする住宅を指します。

ZEHは、50年後・100年後の未来のために

2012年4月に経済産業省が取りまとめた「低炭素社会に向けた住まいと住まい方の推進」の中では、すでにZEHのイメージが示されていました。「京都議定書」という言葉とともに一気に広まりを見せた省エネ・エコの考え方と、その後日本を襲った東日本大震災によって「電力に頼らず暮らせる家」、“購入する”電力エネルギーに頼らない家、エネルギーを自ら作る家は、環境面で50年後・100年後の子孫に大きな影響を与えるものとなります。今手にしている快適さをも満たしながら環境を考えるためには、個々の家庭からエネルギーを考えなければなりません。つまり、「今後建てられる家が変化しなければならない」ことは明らかなのです。

グリーンウッドのZEHの目標値

政府は、「2020年までにハウスメーカー等の建築する注文戸建住宅の過半数でZEHを実現すること」を目標とし、普及に向けた取り組みを行っています。グリーンウッドが行う取り組みは、ZEHビルダー制度への登録並びに【2020年には施工する住宅の50%をZEHの家にする】目標設定をしています。

■グリーンウッドのZEHの目標値
2016年: 10棟のうち、ZEH 1棟(10%)
2017年: 10棟のうち、ZEH 3棟(30%)
2018年: 10棟のうち、ZEH 4棟(40%)
2019年: 11棟のうち、ZEH 5棟(45%)
2020年: 12棟のうち、ZEH 6棟(50%)
2021年: 13棟のうち ZEH 7棟(53%)